喫茶去~きものサロン~ 着物
FC2ブログ

葵のお着物TPO~カジュアルダンスパーティー~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

「着物で社交ダンス」を目指して、5月から月に1回~2回(まだ4回)、レッスンに通っています。
実践練習ということで、昨夜は錦糸町の東武レバントホテルでのカジュアルダンスパーティーに参加してきました。
チャチャチャとジルバのステップだけでOK!というか、それぞれ楽しければなんでもOK!なディスコダンスパーティでした。

年齢層はとっても高かった(^_^;)のですが、子供連れ・お孫連れでいらしていた方もいらっしゃいました。
お着物を着ている方も2名ほどいらして、紬を粋に着こなしていらっしゃいました。

わたしももちろん着物を着たのですが、ダンスパーティに参加するのは初めてでしたので、色々と考えました。
その結果↓
IMG_4425.jpeg

着物の決まり事はまったく無視♪
単小紋のシルック奏美(軽量・制電ポリエステル)+博多八寸名古屋帯+ちりめん帯揚げ+飾り帯締め
季節的に絽の着物も考えましたが、透けるが故に下に着るものに気を使います。
動きやすさと汗対策を考えると、透けないけれど暑苦しく見えず、さっと洗濯できる着物を選びました。

長襦袢は絽のうそつきを上半身に、下は→

帯揚げは灰紫色を使いたかったので、盛夏だけれど、縮緬です。
帯締めを赤の帯締め?、銀の帯締め?、夏の帯締め?と、色々悩みましたが、楽しみたいなと振袖用帯締めを締めてみました。
バッグは邪魔になるので、数寄屋袋をお太鼓の中に、スマホは前帯に挟みました。

着物で出かける場面を増やしたい!と始めた社交ダンスのレッスンですので、柔軟な考えで色々なコーデを実験していきたいと思います。


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。

葵のお着物TPO~夏の織物~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

わたしの夏のお出かけ☆
ちょっと良いお店でお食事♡あるいは、ちょっと頑張っておしゃれしたい♪というときに、夏結城と夏大島の出番が回ってきます。
他のものはわかりませんが、わたしのものに限って言うと、透け感はさり気なく肌触り優しい夏結城と、

19884156_1909320422648823_4383916040744772692_n_20170710200749d70_2019071621511328d.jpg

38071396_1070486469773005_3904894681095340032_n.jpg

涼を呼ぶ透け透け感と肌に着かないシャリ感がある夏大島、

KIMG0301_20190716215042689.jpg

IMG_20140711_152608_20190716220013f07.jpg


どちらも軽くて着心地が良いのです(*^^*)

盛夏のランチ会、さて、どちらにしましょうか・・・

皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。

葵のお着物TPO~洗える着物~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

わたしは、「洗える」表示は、洋服を購入する時の大きな一押し♡になります!
洋服のみならずおしゃれ着が、自分ですぐにさっぱり洗濯できるって、わたしには大きなメリットです♪

わたしのお着物コーデで、洗える着物に出番が回ってくるのは、
1.自分以外はほぼ洋服で参加されるであろう集まり(パーティー・食事会・講習会・イベント・等など)
2.習い事のお稽古。
3.暑い夏の日。
4.大雨の日。
5.海外。

正絹のお着物の準備から着ているときの注意そしてお仕舞いまでの緊張感は、お着物ならではの所作の美しさに通ずるものですが、その手数ゆえに躊躇することも、わたしにはあります。
「洗える着物」は、柄行きも洋装の中でも浮かないものが多いですし、塵除けコートも必要ないので、お着物を着たい想いに、躊躇する理由がありません。

きものを習い始めた頃は、ただただ着物が着たいので、夕食の買い物にも着ていました。
最近は、「着物で参加!」と決めた場面が多いので、洗える着物の出番は少なくなってきましたが、色あせ虫干しの心配なく洗濯済みの物を楽々保管できますので、ストレスフリーです。

↓すべて、洗える着物♡です♪
わたしのこだわりは、帯は正絹を結びます!

@おもてなしサロン
KIMG0452_20190704102836625.jpg

@おもてなしサロン
13699967_1117919088271662_2781763327754314922_n (1)

高畠真由美さん出版記念パーティー@六本木
13626623_1122613964477117_6789350733317449209_n_20190704102831bb3.jpg

クリスマスパーティー@横浜
12369053_875698082525346_1080235648661192815_n_20190704102830387.jpg

お茶会@ニューヨーク
12108896_904352422973019_1025289065432482156_n (1)

クリスマスパーティー@表参道
CR1A0931.jpg

美塾10周年イベント
11335812_710909602347086_1277471769_n_201907041028272ec.jpg

KIMG0982_201705012007099b5.jpg

KIMG3947.jpg

こちら↓の浴衣も東レセオαですので、簡単に洗濯できます(^_-)-☆
62439820_1290126814475635_6949280921996492800_n.jpg



皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。



葵の覚書~染め分けの着物~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

染め分けとは、きもの用語大全より。

生地を2色以上の色で染め分けること、また染め分けたもののことです。
色と色の境目はぼかしになっているものが多いです。



IMG_4057 - コピー

↑先日の「東京キモノショー」にて、お着付けをさせていただいた江戸友禅を扱う「赤坂福田屋」さん出品の水色と白色に片身ずつ染め分けられた振袖です。
背中心を合わせて、着付けました。
色の境目はぼかしになっています。
前姿は、水色の部分は下前になり見えませんが、下前にもかわいいお花が描かれています。
その潔さも贅沢な本比翼仕立ての素晴らしい振袖でした。

IMG_4059_20190509093526ac4.jpg IMG_4058_20190509093525feb.jpg


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

葵の覚書~江戸友禅(東京友禅)~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

きっと目にしたことはあったと思いますが、「江戸友禅」という呼び名を、今まで意識したことがありませんでした。
今回、「江戸友禅」(東京友禅)を知る機会ができました。
京友禅・加賀友禅との違いや製法がとても興味深いので、覚書をこちらに残します(*^_^*)

illust4906thumb.gif

美しいキモノ232号別冊付録「きもの用語辞典:監修・木村孝」より

京友禅:多彩で花鳥風月などが優美に描かれる
加賀友禅:葉の「虫食い」の表現が特有
東京友禅:渋い色調や個性的な意匠が特徴


赤坂福田屋さんのHPに詳しく解説が書かれていますので、引用いたします。

江戸で友禅染が盛んになるのは、江戸中期・後期(文化・文政期)の頃で、当時、大名のお抱え絵師等が、浅草見附・日本橋・神田に京都から模様絵師が移り住んだといわれ、手描友禅の技法が伝承されました。
・・・
友禅は、京都、加賀、東京が代表的で、それぞれが柄や色などに特徴を持っています。
京友禅は一言で言えば「華麗」な図案と色使いが特徴です。
それに対して、加賀友禅は、加賀百万石の武家社会により育てられ、虫喰いや線の変化を巧みに利用した表現でアクセントをつけることにより、武家社会の質実剛健さと、京にはない華やかさを巧みに描き出してきました。
この伝統を受け継ぎ、独自の工芸として江戸で発展したのが江戸友禅です。
江戸という独特の文化圏で発達した江戸友禅は、京友禅の雅やかさとは異なり、粋な文様がその特徴です。
当時の江戸文化は、“通”や“粋”に代表される町人文化の爛熟期で、その独特の雰囲気の中で華やかさを抑えた色合いで模様が図案化され、まさに江戸風の美しさを生み出してきました。
そして長い時間の中で技は洗練され、多くの絵師に引き継がれ今日の江戸友禅に至っているのです。
京都友禅や加賀友禅は、約12ある工程を分業して一つのお着物を作り上げているのに対して、江戸友禅は、図案から仕上げまでのほとんどを、一人の職人が行なうところにその大きな特徴があります。
全工程を一人で行ないますので、それぞれ作り手の個性がお着物に表れます。


illust4906thumb.gif

これから友禅を拝見する機会には、それぞれの産地の美意識の違いなどを体感してみたいと思います。


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

蔦葉の訪問着+織りの帯たち☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

昨日は爽やかな秋晴れ♡
晴れの日が3日続いたので、虫干し(吊るさなくても、たとうしを開けるだけでも効果あり!)に最適な条件が揃いました(^^♪
虫干しを兼ねて、お着物コーデあれこれ・・・
帯を替えるだけで、それぞれに違ったシチュエーションが浮かびます(*^_^*)

IMG_2861.jpg

IMG_2863.jpg

IMG_2864.jpg

IMG_2860.jpg

IMG_2862.jpg

IMG_2865.jpg

帯を替えるだけで、受ける印象がこのように変わります。
面積的には、着物が断然広いのですが、帯が放つインパクトは着物と同等かそれ以上です(゜o゜)
これからお着物を揃えたいと思い始めた方は、先ずはご自分のサイズに合ったお着物を一枚作り、それに合わせた締めやすい帯を1本用意しましょう。
次は、また新しいお着物に目がいきがちですが、お着物よりも先に帯を増やしていくのも一つの方法かもしれませんね(*^_^*)

そして、お着物のカビ・色褪せ・変色を防ぐためには、虫干しも大切です(^_-)-☆



皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

お着物TPO☆フォーマルパーティー~訪問着&本綴れ名古屋帯~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

今夜は、一般社団法人日本フォーマルウェア文化普及協会のフォーマルパーティー@リッツカールトン東京に行ってきました(^^♪
名前のとおり、「フォーマルウェア文化普及」のパーティーなので、ドレスコードは、「着物・イブニングドレス・タキシード」です。

着物の格の指定はありませんが、紋付色無地・訪問着・振袖・・・と、お着物もフォーマル向きのものを皆さんお召しでした。
わたしは、桜の訪問着&桜柄の本綴れ名古屋帯にしました。
少し過ごしやすくなったとはいえ、まだまだ暑いです。
わたしは単衣のフォーマルを持っていないので、自分の持っているフォーマル&セミフォーマルのなかで一番涼しげに見える灰桜色の訪問着を選びました。
帯は、単衣の季節にもOK!、名古屋帯だけれどフォーマルにもOK!という便利な綴れ帯にしました。

IMG_2638.jpg

IMG_2634.jpg


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

お着物TPO☆スマートカジュアル~夏結城&紬帯~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

洋装の方と同席するお食事会、葵のお着物TPOでは、小紋か紬です。
ドレスコードのあるレストランでのパーティーもランチの時間帯なら、紬がお勧めです。
気軽さにおしゃれ感を加味できるのが、紬のお着物です。

もう一点頭を悩ませるのが、暑さと季節感とのミスマッチです。
フォーマルな場ではないとしても、6月中旬までは、透け透けお着物は、控えたいところです。

夏結城は、軽くて風も通す暑い日にはぴったりのお着物ですが、一見しては薄物とはわかりません。
透け感を抑える長襦袢に、単衣の帯を合わせれば、単衣の時期に快適におしゃれを楽しむことができるお着物です。

IMG_1998.jpg

IMG_1999.jpg

IMG_2001.jpg

本日は、Serendipity ランチパーティー🎉
ENEKO東京のお食事&川島ケイジ さんのライブを楽しむ会でした。
予想不能な驚きと美味しさで、満足満足♪
IMG_2003.jpg

IMG_2007.jpg


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

お着物TPO☆別れの春~更紗小紋+相良刺繍袋帯~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

昨日は、また寒さが戻ってきましたが、更紗小紋+相良刺繍袋帯でお出かけしました。
数か月ほど毎週お会いしていた方々としばしお別れということで、今までの感謝の気持ちを込めた装いです。
自己満足ですが(*^_^*)

IMG_1325 (2)

IMG_1323.jpg

更紗柄と相良刺繍は、どちらも大陸から渡ってきたものというエッセンスのせいか、相性がよいのです。
更紗小紋の灰桜色と帯のブルーグレーは、どちらも日本人に好かれるお色です。
更紗小紋は、幼馴染のお母様の形見の着物(おそらく昭和30年代のもの)です。
相良刺繍の帯は10年ほど前にリサイクル品を購入したものです。
この帯で変わり結びの練習をいっぱいしたけれどまったくしわもできなければ、刺繍が痛むということもないのです。
しかも軽い!(袋帯なのに)

「灰桜色更紗小紋+ブルーグレー相良刺繍袋帯」は、軽快さ&季節感をポイントにしたカジュアルコーデです(^_-)-☆


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

ジャニュアリーホワイト&フェブラリーピンク☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

秋から晩秋、そして冬へと向かうごとに、シックなお色から濃厚カラーを選ぶことが多くなります。
それが一転、新年を迎えると、明るいお色に心惹かれます。
わたしの中で、1月のテーマカラーは白です。
真っ白なものを身に付けたくなります(*^_^*)
白は、物事をリセットし再生する意味があるそうです。(※色で美人に生まれ変わる!より)
.KIMG1821.jpg

KIMG3947.jpg

そして2月は、街に溢れるバレンタインやお雛様の影響で女性ホルモンが分泌されるのか、あるいは春を待つ気持ちがもっとも高まるのか、ピンク色やお花柄に目が行きます。
KIMG4038_2017021717415787f.jpg

KIMG4036.jpg

IMGP1470.jpg

3月4月は、自然界のリアルフラワーとは競わず争わず?!柔らかなお色や主張しない柄・色無地が心地良くなります。

着物の素材・地色・柄・半襟・帯・帯締め・帯揚げ・バッグ・草履・ヘアスタイル・メイク・・・・
お着物コーディネートの可能性は、無限大です。
そして、これこそがお着物最大の魅力ですね(^_-)-☆


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村