喫茶去~きものサロン~ 着物

お着物TPO☆スマートカジュアル~夏結城&紬帯~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

洋装の方と同席するお食事会、葵のお着物TPOでは、小紋か紬です。
ドレスコードのあるレストランでのパーティーもランチの時間帯なら、紬がお勧めです。
気軽さにおしゃれ感を加味できるのが、紬のお着物です。

もう一点頭を悩ませるのが、暑さと季節感とのミスマッチです。
フォーマルな場ではないとしても、6月中旬までは、透け透けお着物は、控えたいところです。

夏結城は、軽くて風も通す暑い日にはぴったりのお着物ですが、一見しては薄物とはわかりません。
透け感を抑える長襦袢に、単衣の帯を合わせれば、単衣の時期に快適におしゃれを楽しむことができるお着物です。

IMG_1998.jpg

IMG_1999.jpg

IMG_2001.jpg

本日は、Serendipity ランチパーティー🎉
ENEKO東京のお食事&川島ケイジ さんのライブを楽しむ会でした。
予想不能な驚きと美味しさで、満足満足♪
IMG_2003.jpg

IMG_2007.jpg


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

お着物TPO☆別れの春~更紗小紋+相良刺繍袋帯~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

昨日は、また寒さが戻ってきましたが、更紗小紋+相良刺繍袋帯でお出かけしました。
数か月ほど毎週お会いしていた方々としばしお別れということで、今までの感謝の気持ちを込めた装いです。
自己満足ですが(*^_^*)

IMG_1325 (2)

IMG_1323.jpg

更紗柄と相良刺繍は、どちらも大陸から渡ってきたものというエッセンスのせいか、相性がよいのです。
更紗小紋の灰桜色と帯のブルーグレーは、どちらも日本人に好かれるお色です。
更紗小紋は、幼馴染のお母様の形見の着物(おそらく昭和30年代のもの)です。
相良刺繍の帯は10年ほど前にリサイクル品を購入したものです。
この帯で変わり結びの練習をいっぱいしたけれどまったくしわもできなければ、刺繍が痛むということもないのです。
しかも軽い!(袋帯なのに)

「灰桜色更紗小紋+ブルーグレー相良刺繍袋帯」は、軽快さ&季節感をポイントにしたカジュアルコーデです(^_-)-☆


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

ジャニュアリーホワイト&フェブラリーピンク☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

秋から晩秋、そして冬へと向かうごとに、シックなお色から濃厚カラーを選ぶことが多くなります。
それが一転、新年を迎えると、明るいお色に心惹かれます。
わたしの中で、1月のテーマカラーは白です。
真っ白なものを身に付けたくなります(*^_^*)
白は、物事をリセットし再生する意味があるそうです。(※色で美人に生まれ変わる!より)
.KIMG1821.jpg

KIMG3947.jpg

そして2月は、街に溢れるバレンタインやお雛様の影響で女性ホルモンが分泌されるのか、あるいは春を待つ気持ちがもっとも高まるのか、ピンク色やお花柄に目が行きます。
KIMG4038_2017021717415787f.jpg

KIMG4036.jpg

IMGP1470.jpg

3月4月は、自然界のリアルフラワーとは競わず争わず?!柔らかなお色や主張しない柄・色無地が心地良くなります。

着物の素材・地色・柄・半襟・帯・帯締め・帯揚げ・バッグ・草履・ヘアスタイル・メイク・・・・
お着物コーディネートの可能性は、無限大です。
そして、これこそがお着物最大の魅力ですね(^_-)-☆


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

留袖の帯結び☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

2001年に講談社から発行された「フォーマルきもの 着付けと帯結び小百科」に留袖の変わり結びが紹介されています。
取材協力先として掲載されているのは、「市田ひろみ美容室・かざみきもの学院・笹島寿美和装セミナー・鈴乃屋きもの学院・装道きもの学院・滝沢静江きものアカデミー・ハクビ総合学院・花影きもの塾・むつみ京都きもの学院・山野総合美容研究所・百合姿きもの学院・・・」などなど。

黒留袖はミセスの第一礼装ですので、格調高い帯結びの定番は、二重太鼓です。
二重太鼓は、「祝い事が重なりますように☆」とのお祝いの気持ちを表す縁起ものですし、形は究極の美しさを表現できます。
帯は、丸帯や格の高い袋帯を合わせます。
黒留袖に変わり結びは可か不可かと尋ねられれば、上記の本にも掲載されているので可です。
もちろん、格調高いとされる変わり結びに限定されます。

色留袖は、ミセスに限らず着用することができ、5つ紋付きは黒留袖と同格であるとされています。
美しいキモノ233号付録「木村孝のきもの・しきたり辞典」によりますと

振袖を着るには年齢が高くなったミスの礼装は色留袖となります。

とあります。

黒留袖・振袖をお召しにならないお身内のミスの方には、色留袖は相応しい装いです。
また黒留袖同様、格調高い変わり結びは、控える必要はないようです。

着物のしきたりは、時代により変化してきたり、人により解釈が違っていたりということもあり、着付け師にとっても悩ましいものです。
「着物のしきたりとは」と考えるととても難しいのですが、相手を想う心が「しきたり」を大切にしたいという心に繋がっていると思いますので、そのお心に添うご案内ができるよう精進したいと思います。

美しいキモノ233号付録の「木村孝のきもの・しきたり辞典」より抜粋

おめでたいときには、明るく華麗に装ってよいのです。それが祝儀用の礼装であり、祝いの席に連なる気持ちを表すものです。


illust1326_thumb.gif


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

「縫い目0」で、お着物きてみました♪

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

昨夜は、ナイトクルージングカクテルパーティー&ファッションショーby美japonに行ってきました。
IMG_0646.jpg

24116582_1333658146757413_1351518885_o.jpg

すべて100年ほど前の着物を、ドレスに作り替えているのだそうです。
IMG_0682.jpg
IMG_0674_20171127204551f16.jpg
IMG_0669_20171127204550b08.jpg
IMG_0658_2017112720454880e.jpg
IMG_0652_20171127204547df5.jpg

わたしは「縫い目0」+谷間にハンカチタオルを三角にしたもの+鎖骨下に綿花の補正をして着てみました。
とっても楽でした♪
IMG_0638.jpg

しかし自装の場合は、やはり和装ブラのほうが手早く綺麗になりますね。
↓和装ブラ着用。
KIMG4037_201711272054247fb.jpg


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

お着物シーズンを快適に☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

先週末は寒暖差が大きな週末でした。
週末の初日は七五三のお参りに行かれるお嬢様方のお支度でしたが、寒さ対策が必要なほどの寒さでした。
翌日は、神社での婚礼お支度のお手伝いに伺いましたが、前日とは打って変わっての夏日となりました。
花嫁花婿様はお辛い部分もあったことと拝察いたしますが、日差しや風は秋が感じられ都心にあるとは思えない静寂さに包まれ、良いお式が執り行われました。

今!お着物のトップシーズンです。
天候は、考慮しなければならない要因です。
七五三のお嬢様はスパッツを履くだけで、かなり寒さ対策が出来ます。
暑くなりましたら、スパッツですと脱ぐこともできますので、お勧めアイテムです。
(腰ひもは、スパッツを折り返すなどしてさけて締められると、トイレの時も安心です。)
衣紋を抜く大人着物の場合は、首元の防寒が有効です。

注意ポイントは、着脱可の防寒対策です。
お外は寒くても、室内は洋装の方向けに調整されているのでとっても暖かいものです。
寒いのは辛いですが、暑いのはもっと辛い!(葵の実体験)
お着物を着ることが修行になってしまっては、なんとも悲しい(T_T)
これからのお着物の季節を、楽しく快適にお過ごしくださいませ(^_-)-☆


illust477_thumb_201710100648102b5.gif


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

透け感~夏結城or夏大島+羅帯~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

梅雨が明けると夏着物の季節です。
夏にあえて着物を着るなら、周りの方に涼しさを届けたい(^^♪
涼を呼ぶには、透け透け感が大事です(*^_^*)

夏結城紬+羅帯+絽の帯揚+レースの半衿+レースの帯締め
IMG_0050.jpg

IMG_0047.jpg

夏大島紬+羅帯+絽の帯揚+絽の半衿+細帯締め
IMG_20140711_142953.jpg

IMG_20140711_152608.jpg

注意点は、着物の中です。
透けないお着物の場合は、見えない中のことを気にする必要はありませんが、透けるお着物はも重要です。
↓を愛用しています。
半襦袢+たかはしのインナー付きローライズステテコです(^_-)-☆





皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

着物の衣更え☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

衣更えを考える楽しみも、お着物ならではです。
わたしが単衣を着る時期は、本来の着物の衣更え基準よりも長いです(-_-;)
それはわたしには、厳格な茶道などの和文化や、フォーマル指定の場に出る機会がこの時期にないことから、できることかもしれません。

5月は完全に単衣を着ています。
4月の暑い日は、洗える着物の袷を覚悟して着用するか、袖無双や胴抜きなど見た目は袷だけれどわからないところは単衣仕立てを着用します。
しかし、その場合も半衿、帯揚げ、帯締めは、季節のきものルールは守ります!
見えないところはこだわらないのが、葵流ですが、着物のしきたりも大切にしたいと思ってます(*^_^*)

6月からは、透ける着物を着ちゃいます。
わたしは洋装の方と同席することが多いので、そのほうが浮かない!気がします(^^♪
透ける着物は8月までで、潔くお手入れに出します。

夏は特にその日にさっぱり洗えるシルックに手が伸びることが多いのですが、正絹の繊細さや気遣う所作の美しさの魅力も知っています。

昨年夏結城を頂いたので、今から夏の衣更えが楽しみです。
着物を着ていると、必ずお着物を譲ってくださる方に出会えますよ(^_-)-☆


↑コーデの勉強になります。

皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

春のお着物コーデ~お茶のお稽古~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

昨日は、朝一でお得意様のお支度お手伝いの後、わたしも着物を着て、「テーブル茶道時々、畳♪」に、参加してきました。
久しぶりのお茶のお稽古でしたが、楽しく心癒されるひとときでした。
18216180_1420739711334285_1791035611_o.jpg 18216116_1420739088001014_1715940205_o (1)

テーブル茶道は、「気軽に多くの方にお茶を楽しんでいただきたい」というコンセプトで神林先生がはじめられましたが、先生ご自身は深く茶道を極めていらっしゃるので、気軽に興味が尽きないお稽古をしていただけます(^^♪

わたしは、↓のコーデ(東レシルック江戸小紋・行儀菱浅葱鼠色+紬帯+小田巻帯締め+ブルーグレー帯揚げ)で、出かけるつもりでしたが、着てみるとなんかなんかな~(-_-;)
KIMG4361.jpg

↓こちら(紺の帯揚+浅葱色の五嶋締め)に、ちょっと変更。
KIMG4383.jpg 
KIMG4379.jpg 
KIMG4384.jpg

しっくりきました(*^_^*)

お稽古の後の茶話会も時間を忘れるほどに楽しく、貴重な時間でした。
昨日、ご一緒してくださった皆様、ありがとうございました<(_ _)>


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

お着物姿は、最高の祝意~錦上添花~

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

これから6月まで、結婚式のシーズンです。
ご友人のお着物姿は、最高の祝意です。
結婚式に華を添えるものとして、新郎新婦はもちろんご両親や親族方にも大変喜ばれます。

時折、自分の振袖は地が白だけれど、赤だけれど、大丈夫でしょうか?
と、尋ねられることがありますが、花嫁衣裳とは着付けや小物、そしてヘアメイクが全く違いますので、大丈夫です!

美しい色とりどりの華やかな振袖姿のお友達に囲まれた花嫁様は、より一層美しく輝きます(^_-)-☆

IMG_20130606_210346.jpg


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村