喫茶去~きものサロン~ 小物
FC2ブログ

袴は半襟だ!

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

音ちゃんの可愛い袴姿から、袴は半襟だ!と、閃きました(*^^*)
半襟の色と柄は、袴スタイルの重要ポイントですね。

使い道のなかった、でも、柄は気に入っていたポリエステルの風呂敷を、半襟にしてみました。
さすがに風呂敷だけあって、密度の詰まった生地なので、切ぱなしでも大丈夫♪
汗は吸わないけれど、肌触りは悪くないので、袴の季節(初春)には、グッドです(*^^*)

IMG_6127.jpeg

IMG_6128.jpeg

IMG_6138.jpeg

スカイブルーの鮫小紋柄
IMG_6129.jpeg
 
薄紫色の桜の小柄
IMG_6134.jpeg IMG_6139.jpeg


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

単衣の季節に素敵☆スカーフ帯揚げ♪

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

これから温かくなり、単衣の季節となります。
おしゃれ単衣に合わせる帯揚げは、袷用の帯揚げでも絽の帯揚げでもスカーフ?!でも構いません。
帯揚げの面積はとっても小さいけれど、わたしは帯揚げの効果は大きいと思ってます(*^^*)

わたしの場合、礼装の帯揚げは場に相応しいようにという点を重視していますが、おしゃれ着における帯揚げはコーデの最重要ポイントです。 
帯と着物が同じでも前回のコーデでは、どうしてもしっくりこないときがあるのです。
そんな時、箪笥で眠っているスカーフを活用することを思いつきました♪

わたしがおしゃれ着物を着るときというのは、ほぼ洋装の方と同席する場です。
その場でわたしが気をつけているのは、洋装の方々の中で浮かない!ことです。
スカーフの優しい風合い&色使いが、ちょっと硬いイメージになりがちな着物姿を優しくしてくれます(^_-)-☆

作り方はとても簡単!
正方形のスカーフを半分に切って、真ん中をざくざく縫ってつないで、長方形にするだけです。 

スカーフ帯揚げの注意点は、ただ一つ。
薄くて柔らかなので、優しくふっくらと、結び目はリボン結びを土台にします❤
よろしければ、お試しください。

IMG_6049.jpg

IMG_6051.jpeg

IMG_6056.jpeg

IMG_6054.jpeg

IMG_6055.jpeg

IMG_6059.jpeg

IMG_6057.jpeg

IMG_6058.jpeg

↓は、母の箪笥から見つけたものです。(昭和30年代のもの?)
濃い色合いのものは、袷にもス・テ・キですね。

IMG_6061.jpeg

IMG_6060.jpeg

IMG_6038.jpeg


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
     

染色体験@とみひろ染色工房

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

先週末は、「東北染織の旅」山形に行ってきました♪
蚕を育てるために、桑畑の栽培から手がけていらっしゃる「TOMIHIRO」さんの100%草木染めの染色工房で、初めての染色体験をしてきました!

とはいえ、ただ思いつきでぐるぐると、ゴム掛けしただけです(^_^;)
まず予めコブナ草(黄色)・臭木(青色)に染めてくださっている布を選んで、ゴム掛けします。
IMG_4231_20190618135755173.jpg

IMG_4233.jpg

椿の葉で焙煎するので、ゴムが掛かっていないところだけが、グレーに染まります。
60度から50度の温度を保持しながら10分間、もみながら染めていきます。
体験といいつつ、大変な工程は工房の職人さんにお任せですm(_ _)m
IMG_4237.jpg

乾くとこんなに素敵なストールになりました。
もちろん、帯揚げ使いにしても素敵♡です。
IMG_4260.jpg

IMG_4261.jpg

こちらの工房では、貝紫・紅花・茜・サフラン・ふきの葉・などで、自前100パーセントの草木染めの糸で、「世界で一つ」をコンセプトに着物・帯を制作されています。
IMG_4216.jpg

染めた糸は、半年から3年、寝かせて落ち着かせるそうです。
IMG_4219.jpg

若い方々が生き生きと、楽しそうに働かれている様子に感動です。
IMG_4222.jpg

IMG_4250.jpg



皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

お花の髪飾り☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

わたしに自装を習ってくださっているシュガーアートの先生が、シュガーアートの技術で髪飾りを作ってくださいました。

IMG_2645.jpg

バッグに付けてもとっても素敵♡

IMG_2644.jpg

IMG_2641_20180915101404e24.jpg


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村


つまみ細工3回目

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

アトリエドゥビジューでのつまみ細工レッスンも3回目です。
ひとつ、ひとつ、作品ができて増えてくるのが嬉しいな♡
IMG_0722.jpg

1回目
IMG_0260.jpg

2回目
IMG_0372.jpg

皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

帯に差すアクセサリー☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

和事に「扇子」は、必須なものです。
挨拶時には、「扇子」が結界をつくり相手を敬う心を表すそうです。
また、七五三の7歳の四つ身や花嫁衣裳やミセスの第一礼装黒留袖に差す「扇子」は、「末広」とも呼ばれお祝いの気持ちを表す縁起物です。
  

最近は、訪問着にファッションアイテムの一つとして「扇子」を差すということがポピュラーになってきているのか、レンタル訪問着にも付属品として入っていたり、お客様自身がこの扇子を差してくださいとご用意されることも多くなりました。
お祝い事で差す時には扇面の赤や金の部分を見せますが、オシャレコーデの時には骨の塗り部分を見せることもOK♪です。
ボルドーや赤茶など黒以外の扇子も、訪問着には合いそうですね。
儀礼的な印象よりも、格上おしゃれ!な印象です(*^_^*)

↓最新号「美しいきもの」表紙モデルの北川景子さんも、おしゃれ訪問着に赤茶の扇子をプラスして、華やかエレガントに装われています♡



皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

末広がりに幸せになりますように☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

扇子の別名は、末広(すえひろ)と言いますが、扇子を開いたときの形が末広がりになることからこう呼ばれるそうです。
和装時、特にお祝いの場には、身に着けます。
↓七歳の女の子のお祝い着にも、末広は無くてはならない装飾品です。





花嫁着付けのレッスンの折には、先生から「花嫁様のお幸せが末広がりになりますように、とお声掛けをしながら末広を指してくださいね。」と教えていただいています。


着付け師には、多くの人が込めた「末永くお幸せに」との願いを繋いで、お伝えするという大切な役目もあるのです(*^_^*)


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

これから長くお着物ライフを楽しみたい方にお勧め帯枕♪

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

たかはしきもの工房の「空芯才」は、実物は見ていないけれど、ずっと良さそうだな!と思っていた帯枕です。
自装レッスンの生徒さんがお持ちになりました!
やはり、良いです。

普通の帯枕で練習されている生徒さんには、手製のガーゼ帯枕カバーを差し上げているのですが、この帯枕はガーゼカバーより優しくフィットします。
その他にも、たかはしきもの工房のHPでも数々の利点が挙げられていますが、わたしの第一印象は「背中が楽そう!」です。
ロングサイズなので、お太鼓の形作りもしやすいですし、文字が書かれているので、上下表裏で悩むこともないので、初心者さんにもお勧めです。



帯枕をお探しの方には、一度試してみる価値ありだと思いますよ。

帯枕は何度も使って、見た目は少しくたびれたくらいが身体に馴染んでくるのです。
時間が必要なのです。
しかし、「空芯才」は、長い月日を掛けて馴染ませなくても、その日から馴染んでくれそうですね(^_-)-☆
そろそろ新しく買い替えたい!または、初めて帯枕を購入する方にお勧めです。



皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

帯揚げのお役目☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

本日の自装レッスンでは、帯揚げのお話を少々させていただきました。
帯揚の一番の役割は、帯枕紐のカモフラージュです。
見えるところは、両サイドと前帯の上です。
通常のおしゃれ着物では、前帯のところはかなり控えめですので、しっかり見せるところは自分では見えないサイドの部分です。
自分では見えないけれど、わたしはとっても気にしているポイントです。

IMGP0227.jpg

IMGP0235.jpg

KIMG4379.jpg

着付けを習い始めのころは、お着物や帯の数を増やすことに気持ちがいきがちですが、帯揚げを楽しむことから始めると、手軽にバリエーションが広がります。
最初から高価な帯揚げを揃えなくても、スカーフや余り布も素敵な帯揚げに生まれ変わります。
IMGP1905.jpg

このように、しっかり結んで、このまま押し込んでます♪
薄い生地で作ればかさ張らないので、帯揚げ結びにしなくても、ふつうのリボン結びでOK!です。
この点も、初心者さんにお勧めポイントです(^_-)-☆

IMGP1899.jpg


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

IWASAのお草履♪

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

電車移動が必須のわたしの草履は、安全第一!
お友達が教えてくれた岩佐のお草履♡
底の部分は、スニーカーにも使われているので、滑り軽減やクッション性に優れているそうです。
デザインもとっても素敵です♡
18596365_10213058628811365_1014493179_o (1)

18622829_10213066854777009_771088672_n.jpg

IMG_0129.jpg

履いているとわからないけれど、ここが和装の魅力☆
お草履を脱ぐ瞬間にワクワク(^_-)-☆


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村