喫茶去~きものサロン~ 長襦袢・下着・補正

アンティーク着物にも!たかはしきもの工房の長襦袢?

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

たかはしきもの工房:満点スリップのすごいところ☆
1.着物の汚れ(汗・ブルーデー)への安心
2.衿合わせが楽
3.裄の調節可
4.着物によって長襦袢袖を替えるおしゃれが手軽
5.・・・









着付け教室で一応着方は習ったけれど、満足できる着姿に今一歩!という方&見えないところは気にしない!という方にお勧めです。
通常の長襦袢をきちんと着れる方も、汗などで汚したくない!と思う日にお勧めです(^_-)-☆


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

和洋折衷☆着物×シャツ

ようこそ、葵です。

わたしがお着付けさせていただくお客様は五歳の男の子を除けばほぼ女性ですが、成人式や教員の方の卒業式、七五三の家族写真などで男性にもお着付けさせていただいてます。
例外なく、男性もお着物着ると嬉しそうですし、よくお似合いです。

男性の場合は、長襦袢の衿が開きやすいので衿止めをするか、自分でお直しできないと日常的に着るには少々大変です。
長襦袢代わりにシャツを着ていた書生姿は、活発に動いても衿元がだらしなくなることもなく、着付けも楽で合理的な和洋折衷スタイルですね。



しかし、やはり正統着物姿がいい!という方に、↓のようなシャツも考慮の価値あり♪

噂では聞いていましたが、実際はどうなのかしら?と思っていましたところ、茶道教室にいらしていた着物男性の胸元があまりにも綺麗でしたのでお聞きしましたところ、同じようなタイプのものを長襦袢代わりに着ているとおっしゃっていました。
男性着物は振りから長襦袢の袖が出ることもありませんし、衣紋を抜く必要もありませんので、デメリットなし!の商品だと思いました。

子供たちにも良さそうです。
長襦袢の紐が1本減るだけでもかなり楽になりますね。

↓女性用もあるようです。

女性用は衣紋を抜くのでどうなのかしら?
色柄の種類も多いですし、カジュアルな場のおしゃれとしては楽しめそうです♪
お袖の振りの部分は、替え袖を着物に縫い付ける必要はありますね。
浴衣初チャレンジのお嬢様方には、シャツ長襦袢にそわせて浴衣を着れば綺麗で楽で、しかも時間が経っても胸元がはだけることなくお過ごしいただけそうです。
浴衣の時は、振りの心配はないですよ(^_-)-☆


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

自分じゃ~見えないけれど・・・長襦袢の袖口と振り☆

ようこそ、葵です。

長襦袢は、見えないところなので洗濯のしやすさを優先します!というような記事を以前書きましたが、そんなわたしも長襦袢の袖口&振りは気にします(*^_^*)
袖口とはきものの袖から腕を出すために開いた部分、振りとは袖の後ろ側の袖付けから袖下までの開いた部分を指します。
自分では見えないところではありますが、他の方からは意外と目につくところです。

通常、フォーマル(留袖&喪服)には白。
セミフォーマル(訪問着・付け下げ)にはパステルカラー。
おしゃれ着(小紋&紬)には、自分の好みや趣味により自由にコーディネイトができます。
長襦袢選びこそお着物上級者と呼ばれるのは、主におしゃれ着に合わせて個性的に色合わせができるからでしょう。

ちなみに白は、どのお着物にも合わせることができますし、夏物はほぼ白です。
このような理由で白を一枚お持ちになると、オールマイティーではあります。
しかし、夏物以外で白の長襦袢というのは、どこかおしゃれでないorなにか寂しいと感じる時期が来るかもしれません。
あくまで、わたしの推測ですが・・・

留袖や喪服の為に作る長襦袢でないなら、1枚目の長襦袢としてのお勧めは、パステルカラーです。
どんなお着物の邪魔もしませんし、上品な印象です。
そのうち、お着物を楽しめるようになると、ほんの少ししか見えずとも意外と目立つ長襦袢の色にもこだわりたくなるでしょう。
それぞれお着物に合わせて長襦袢をそれぞれ作るのは、究極の贅沢ですね。

ただ、収納場所や出費をダイエットしたいと思うわたしは、たかはしさんの↓のような替え袖が助かります(^_-)-☆








皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

補正は、楽して♪

ようこそ、葵です。

お着物自装初心者にとって、「補正」はなかなかの難題だと思います。
とりあえず綿を詰めた補正具を制作したり、後回しにしてしまうか・・・
わたしも自分の補正が決まるまで、長く時間が掛かりました(-_-;)
「補正」の重要性を十分に理解していなかったのが、原因です。
「補正」の目的は、何か。
「補正」の効果は、いかほどのものか。

他人にお着付けをする「他装」を学んで、やっと自分の補正に迷いがなくなりました(*^_^*)
現在は、和装ブラと腰補正、時々和装ブラにハンカチタオルを追加しています。

「他装」の場合は、お客様に合わせてタオルの折り方や重ね方を変えて即席に補正を作ります。
タオルは便利なものですが、お着物自装初心者にとっては、身体にそわせるだけでも大変なことと思います。
「着付け」をお稽古事として学んでいく場合は、その過程も勉強ですし、楽しみでもあるでしょう。
しかし、最速で「補正」を決めたい!方には、便利グッズのご利用も選択肢のひとつです。

商品企画力抜群の「たかはしさん」のユーチューブ動画たかはしさんの補正を参考になさってください。
下着の上に、和装ブラ、腰補正と、多くの方はこの基本にすこ~しアレンジするだけで対応できると思います。
一刻も早く「補正」の悩みは飛び越えたい!方は、検討の余地がある商品と思いますよ♪(注:葵の独断です。)






皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

骨格と補正☆

ようこそ、葵です。

先日受講した(株)COLOR WITCH 色の魔法使い野村貴美さんの講座:骨格スタイルアドバイザー3級の資格認定書が届きました!(^^)!
KIMG2087.jpg

骨格スタイル診断とは、筋肉・脂肪・関節の特徴やボディーの質感により、3つのスタイルに分類するファッション理論なのですが、着付けの時の補正に関しても、この理論で納得することが多いです。

わたしは、上半身にボリュームを持たせたいウエーブタイプなのですが、確かに胸の上が貧弱なので胸上の補正をしています。
スマートでいらしてもお胸が綺麗なアーチを描いていらっしゃる胸補正が必要ない(少な目でよい)お客様の多くは共通して、ウエストに補正をすることが多いです。(帯を安定させるため)
このタイプのお客様方は、骨格スタイル診断すると、ナチュラルかな・・・
お身体のメリハリがはっきりされているタイプの方には、胸の下とヒップの上に多めの補正が必要です。
このタイプの方は、ストレートでしょうか?

客観的に判断する手段であるこの理論を学んで以来、補正しながら納得したり、何故かと考えたり・・・楽しみが増えました♪

骨格スタイル協会のHPより

骨格は身体の「軸」
・・・一人ひとり顔が異なるように骨格の特徴も異なり、身体の立体感や重心バランス、筋肉や脂肪のつきやすい部位が異なり、身体のシルエットや質感の違いにより似合う服が異なります。
「太っている・やせている」ではなく体型の個性を骨格で客観的にとらえ、似合う形や素材やスタイリングを知ることが似合うファッションを選ぶ際の鍵となります。




皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

お着物のインナー事情☆

ようこそ、葵です。

この夏の着物生活で実感した「ステテコ」の威力♪


着物の下着といえば、裾除けですがモコモコする着心地が嫌でほとんど自装では着用していません。
夏着物以外では、↓が愛用品です。

裾にゴムが入っているので、お手洗いの時安心です。
しかし、夏着物の時は透けてしまうので夏用にステテコを履いていることを気が付かれない「ローライズステテコ」を買ってみました。
心配していたお手洗いの時も、夏着物は軽いので問題ありません。
インナー付きなので、キャッチのとおり「上げ下ろしラクラク」でした。

しかし、これからの季節は足首ゴム付に戻します。
着物生活をする上では、お手洗い事情ってとっても大切です(^_-)-☆


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。

補正パズル?!

ようこそ、葵です。

2011年10月号「百日草のはなよめ」~体型をきれいに見せるミセスの着付け~より

5枚のタオルを使用していますが、すべて白のタオルなので、少々説明があるとはいえ、わかりにくいです(T_T)
購入当時は全く理解不能でした(ー_ー)!!
パズルを解くようにやってみました。
正解かどうかは、わかりませんが、{タオルの役割=体の補正+補正したタオルの押さえ}ということがわかっていればOK!ですので、細かいところは気にしない(^_-)-☆

両肩に一枚ずつ
IMG_20150216_110600.jpg

肩甲骨と腰に1枚ずつ
IMG_20150216_111525.jpg

最後に押さえのタオルとして、ベージュのタオル1枚を使用しました。
本では、同色のためわからなかったので、正解とはちょっと違っているかも・・・(-_-;)
IMG_20150216_115326.jpg

IMG_20150216_115349.jpg



皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。

ハナちゃんの補正☆

ようこそ、葵です。

NHK朝の連続ドラマ「マッサン」の登場人物ハナちゃんのお着物姿を観る度に、「胸元綺麗!」と感じます。

ハナちゃん役の小池栄子さんのグラマラスなナイスボディーは、周知の事実!
普段着の補正なので、補正を感じさせない自然な補正でないと違和感を感じてしまいます。
もし、小池栄子さんの水着姿を知らなければ、「お着物向きの体型なので、お着物お似合いですね。」と思ってしまいます。
ハナちゃんの補正!見せていただきたい!です。

ちなみに、わたしは出資者の野々村氏の奥様である由紀子さん♪のお着物姿もとっても好きでした(*^_^*)
舞台が北海道に移ってしまって、あまり登場されなくなって残念です(T_T)

今後のハナちゃんの花嫁姿を楽しみにしましょ(^_-)-☆

illust3016_thumb.gif illust3012_thumb.gif illust3008_thumb.gif



皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。

和装ブラジャーいろいろ♪

ようこそ、葵です。

カンタンに綺麗な着姿になれる便利グッズNO.1は、和装ブラジャーです。

わたしが最初に購入した和装ブラジャーは、機能的な新素材使用のファスナータイプのものです。
当時は、和装ブラが着心地&着姿にこれほど影響があるとは思わずに、ほどほどのお値段のものなら十分だろうと気軽に購入しました。
洗い替えも必要かしらと・・・2枚も(ー_ー)!!
感想は・・・2枚も購入したわが身の愚かさを嘆きます。(あくまでわたしの体型には合わなかったという意味です。)

それからも、色々試してみました・・・

その後、さらしメイクブラなるものを見つけました!(^^)!


肩の部分がマジックテープになっているので、自分の心地よい位置に調整できる点が気に入ってます。
フロントは2段のホックになっているので、わたしは胸より下は内側にホックを留めてぴったり、胸から上は外側にホックを留めて楽に着用しています。
難点は、その2段に分ける留め方がいけないのか?ホックがよく外れるところです。
長さもほどよくあるので、後ろに腰補正のタオルがはさめます。
固定するまでの仮押さえができて便利です。
このように・・・さほど不足を感じているわけではないのですが、新しい商品を見つけると気になってしまうのがわたしの悪い癖です(ー_ー)!!

気になる2つの和装ブラは↓こちらです。

  
惹かれる点は、下から履く!という点です。
今までの和装ブラでは、押さえることがメインでその上にパット補正が加わるようになっています。
下から横から自分のお肉を寄せてあげるので、すっきりスマートに余分な補正をせずに胸元が決まるような気がするのです。

なかでも「put on キモノブラ」は、「脱いでも素敵なんです!」なルックスがグッド♡です。
「見えないところはイイんです!」が信条のはずのわたしですが、最近心境に変化が・・・
しかし!問題は価格です(ー_ー)!!

ちなみに和装ブラなしでもOK!という「くノ一麻子」は、軽くて♪さらっと快適で♪浴衣には十分です。
しかしながら、他の着物には和装ブラもプラスしたいです。(脇にもサポート力が欲しい)

「くノ一麻子」+「さらしメイクブラ」or「put on キモノブラ」+「くノ一麻子」
どちらも良さそうだけど、どちらも試してみたい・・・
「put on キモノブラ」だけで、お洒落着を軽快に着てみたい・・・
・・・
罪作りな楽天スーパーセールもやっていることだし・・・



自装における綺麗な胸元は和装ブラしだいですので、これからも色々と気にかかりそうです(^_-)-☆


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。
皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。

麻子+衿子+袖子=肌襦袢+補正+長襦袢

ようこそ、葵です。

変え袖が簡単にできるとうわさの「満点スリップ」♪
便利グッズは、何でも試したいわたしですが、お値段&部品?が幾つかに分かれていて面倒そうで、二の足を踏んでいました(^_^;)

この度「くノ一麻子」なる涼しさと汗取りを備えた画期的補正具一枚にうそつき袖と衿を付ければ=長じゅばん♡という商品を見つけました!(^^)!
IMG_20140716_150759.jpg


わたしにとって、着物を着る時の最大重要事は、暑さ対策です。
特に、洋服の方と同席する時の暑さは(ー_ー)!!
夏・・・洋服の方は薄着なのでエアコンは弱くと・・・
冬・・・洋服の方は室内では防寒着を脱がれるので暖房は強くと・・・
和のお稽古事ですら、練習時には圧倒的に洋服の方が多いので、少数意見は・・・(^_^;)

「暑くても涼しい顔で着こなしたい!」が願いです。
しかし、精神修行が足りてないわたしには、「心頭滅却すれば、火もまた涼し」とはいきません。


同梱したのは、レースの半襟付「うそつき衿」と単衣の楊柳「うそつき袖」です。
  


「くノ一麻子」さん、一年中活躍してね(^_-)-☆



最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。
皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。