喫茶去~きものサロン~ 今日から4日まで♪十日町きもの染め織り展☆

今日から4日まで♪十日町きもの染め織り展☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

今日は、昨年NYにご一緒してからのお友達ひとみさんと、楽しい一日を過ごしました。

14218120_10208079842813022_2143843594_n.jpg

「着物」には、職人さんがいて、プロデューサーさんがいて、問屋さんがいて、小売り業者さんがいて、消費者さんがいます。
消費者さんは、着付け教室の先生に着付けを習うか、わたしのような着付け師に着付けを依頼します。
「物には神が宿る」との考えが日本にはありますが、「着物を身に着ける」ことにもこんなに沢山の人の手と魂が込められているのですから、「着物」の持つ力にも納得です。

KIMG3269.jpg
↑写真は雪さらしの光景です。
太陽の紫外線にあたると、雪からオゾンが発生して、布を漂白するのだそうです。
越後上布は、熟練の職人さんでも1日に7センチしか織れないという気の遠くなるような重要無形文化財です。

↓加賀友禅を学んだ十日町の職人さんが、自然の染料にこだわって制作された訪問着です。
一見、ダークなお色目ですが、自然の染料が表現する優しい温かさは、実際に見てみないと伝わりません。
KIMG3271.jpg

14218318_10208079842493014_1623330465_n.jpg

14194412_10208079844173056_249843806_n.jpg 14182132_10208079846093104_1052838288_n.jpg 14138337_10208079845573091_1332439329_n.jpg

十日町きもの染め織り展

厳しい気候風土と、豊かな自然環境から生まれた名産品の数々。その中でも熟練した職人の技術と温かく細やかな真心が結集し、美しい季節を装い楽しむ越後のきもの染織伝統工芸の煌めき、伝え守られてきた手づくりの技と日本の心。どうぞ見て、触れて、身に纏って、感じて、知って、楽しんでくださいませ。
お待ちしております。

★日時:9月1日(木)・2日(金)・3日(土)・4日(日)

★会場:サンライズビル東京
東京都中央区日本橋富沢町11-12


予約が必要のようですが、今週末お時間があれば「日本の心」に触れてみてください(*^_^*)


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村