喫茶去~きものサロン~ 「亡くなるその日が一番美しい人生」

「亡くなるその日が一番美しい人生」

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

わたしが「着付け師」になる扉を開いてくださったのは、小春先生です<(_ _)>
しかし、「わたしっていてもいなくてもいい、一度ではだれも覚えてくれない存在感の薄いタイプ・・・」と、自分の魅力に気づけずに自信が持てないわたしが「着付け師」としてフリーでお仕事を続けていくことは、苦悩の毎日でした。
そんなわたしに、ただ微笑むだけで「癒しや安心」を目の前の人に提供できる魅力があるから、安心してお客様はわたしにお身体をまかせてくださるのだと、「美塾」は教えてくれました。

そんな、「着付け師」としての進む道を照らしてくれた「美塾」の内田裕士塾長が、本を出版されました♪


わたしは、美塾は最上級まで受講しているし、再受講もしているし、美塾プロデュースNMA(ナチュラルメイクアップアーティスト)だし、塾長のブログは読んでるし、・・・
いまさら本を読んでもきっと知っていることしか書かれていないだろうなと思っていました<(_ _)>

ただ、「世界平和」を目指している塾長をささやかに(清タイプのわたしらしく)応援したくって、横浜の有隣堂書店A-13-2棚から購入してきました♪
読み進めるうちに、特に後半、わたしが「着付け師」として今も楽しくお仕事を続けることができているのは、間違いなく、「美塾」との出会いがあったからだと再認識できました。

「人を美しくしようとしている姿が美しい」
「人のために美しく生きる」
「世界は美しいあなたに恋をする」
「美しいことは社会貢献」


わたしの目指すものは、端正な着付けではなく、その人の魅力にあった着付けができるようになること、そしてその着姿をより引き立たせるヘアメイクが出来るようになることです。
そんな「着付け師」としての人生を歩めたならば、塾長がワクワク心待ちにされている「亡くなるその日が一番美しい人生を生きた美塾生の一人」になれるでしょう(*^_^*)


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村