喫茶去~きものサロン~ 茶道と着物1☆

茶道と着物1☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

わたしが「着物」に興味を持つきっかけは、夫の赴任先であった兵庫県で煎茶道「皇風煎茶禮式」にであったことです。
たまたま娘のママ友と「なにかお稽古一緒にしたいね」ということから、彼女が結婚前に習っていた茶道の先生のところに行くことになったのです。

わたしも結婚前には、そのころ流行?であった「お料理学校・着付け・茶道・華道」の花嫁修業4点セットはやっていたので、着付け教室に通いながら着物を着て裏千家の茶道を習っていました。
しかし、そのころの記憶はほとんどない!ですね(-_-;)
結婚後は、母が持たせてくれた着物も義理兄の結婚式と娘のお宮参りと息子の七五三に、着付け師さんに着せてもらいました。

話は戻って、煎茶道の先生がお茶会の時にわたしとママ友に着物を着せてくださいました。
その時の何故かとっても嬉しく楽しかった♪という記憶はしっかり残っています。

しかしその後また転勤になり、茶道にも着物にも遠ざかることとなりますが、いつか着物を自分で着たいという想いの種は、わたしの心にひっそり蒔かれていました。

↓茶道の時の着付けからヘアアレンジまでが、分かります。



皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村