喫茶去~きものサロン~ 茶と花を、人の心を大切にせよ~by織田信長

茶と花を、人の心を大切にせよ~by織田信長

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

花戦さ」を観てきました。
テーマは重く、暗く哀しいシーンがあるにもかかわらず、観終ったあとのすがすがしさは、主演の狂言師野村萬斎さんの笑いと久石譲さんの音楽と、なにより花の力によるものでしょう。

花のなかには仏さんがいてはる
宿る生命の美しさを、生きとし生けるものの切なる営みを、伝える力がある



信長様のセリフ

武人たるもの、茶と花を、人の心を大切にせよ


茶と花=文化芸術を大切にすることは、すなわち人の心を大切にするということ。

わたしはお茶をいただく時、心が癒され、穏やかにほどけていきます。
実はわたし、お抹茶のことはそれほど(-_-;)なのですが、離れられない理由がわかった気がします(*^_^*)

<おまけ>
気になったこと:秀吉様がはいていた金の足袋、履き心地はどうなのでしょう?


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村