喫茶去~きものサロン~ Tomorrow will come.

Tomorrow will come.

ようこそ、葵です。

終了目前の「レミゼラブル」をラゾーナ川崎で観てきました。
感動作ではあるけれど、エネルギーが必要だなと思える作品なので実は避けてきました。



エンディングは、わたしはもちろん隣の夫やその他の観客も涙涙でした。

タイトル:「悲惨な人々」
死、憎悪、欲、流血、下水・・・
思った通り、ほとんどの場面は目を背けたくなるシーンでした。

そのような中での一筋の救い「誰かを愛することは、神さまのおそばにいること」に、観客は感動するのでしょう。

どのような絶望と思える状況にも、明日は来る。
しかし、自分の信念を見失うと人間は生きてはいけない。
正しいことと悪いことは、相反するのか?
赦すということとは・・・難しいテーマでした。

わたしの心に残ったのは、学生運動のリーダー:アンジョルラスを演じるアーロン・トヴェイトくん♡♡♡
心奪われたのは、リチャード・ギアさま以来かも!!!

やはりわたしは、映画には楽しいもの美しいものを求めてしまいます(>_<)


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。
皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。