喫茶去~きものサロン~ 溢れたのは、哀しい涙ではなく・・・温かい涙でした。

溢れたのは、哀しい涙ではなく・・・温かい涙でした。

ようこそ、葵です。

昨年夏、「永遠の0」の原作を読みました。




当時の人々の無念を想うと涙が溢れ、何度も途中で読むことができなくなりました。
その時の涙は、哀しみの涙でした。

しかし、スクリーンからは、愛が溢れ出ていました・・・・
わたしの頬をつたっていたのは、穏やかな温かい涙でした。

原作を読んで映画を観ると、良し悪しはともかく、「原作と映画は、別物!」と思うことはよくあります。
また演じる俳優さんも、何人かはイメージと違うと違和感を抱くこともよくあることです。

しかし、原作者の百田氏も絶賛されているように、「この映画は、この原作を完成させた!」と思えるものでした。
原作・脚本・キャスト・演出・効果・エンドロールで流れるサザン・・・
すべてが、それぞれを補完し合い素晴らしい作品を作り上げたとわたしは感動しました。

スクリーンから溢れる愛に満たされ、生きる幸せを実感します・・・
スクリーンから溢れる愛が祈った、夢溢れる世の中に感謝します・・・


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。
皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。