喫茶去~きものサロン~ 相手視点でものを考える☆

相手視点でものを考える☆

ようこそ、葵です。

「ビジネスマナーは、相手視点でものを考えること」by高畠真由美さん(サッポロビール会長・社長秘書9年、女性企業家秘書4年、秘書検定審査員、帝京大学講師、大企業マナー研修講師・・・)



「相手視点でものを考える」・・・わたしは、「あなたの事を考えて考えて考えてあげました。」を相手視点で考えることだと思っていたようです(ー_ー)!!

高畠さんがおっしゃるには、「相手視点でものを考える」とは、「相手の方が何を望んでいるのか、その想いに合わせて行動すること」だそうです。

着付けの折、「お任せします」という言葉を掛けていただくことがあります。
最近、そのお客様の言葉の中に、本当はこんな風にしてもらいたいとの漠然とした希望をお持ちかな?と考えることがあります。
そのお気持ちを引き出すコミュニケーション技術がわたしにあれば、と思うのです・・・

しかし当日は時間にも制限がありますし、本当に着付け師に任せて手早く着せてほしいと思われるお客様も沢山いらっしゃいます。
今後、キャリアを積んでいくうちに自然に分かってくるのかもしれませんが、今!知りたいです(^_^;)

↓こちらの本を読めば分かるようになるかしら・・・ちょっと、違いますね(^_^;)




最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。
皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。