喫茶去~きものサロン~ 自分を知る~魅力マトリックス~

自分を知る~魅力マトリックス~

ようこそ、葵です。

美塾の魅力マトリックス分類では、わたしは「清」カテゴリーです。

「清」って?・・・美塾内田塾長のブログ記事から

彼女の名前は「そよ風子」。
彼女もまた、自分自身のかけがえのない魅力に気づかず、自分をイヤだと生きている1人であった・・・。
そよ風子は、感情の起伏がなだらかです。
滅多に声を荒げたりしません。
そもそも声がそんなに出ません。
何考えているか分からないって言われます。
しゃべるのもゆっくりです。
何をやってもそこそこはできるし、誰かに迷惑をかけたりはしないんだけど、でもだからこそ、相手の印象に残らないっていうか、インパクトに欠けるっていうか、そりゃ名前も覚えてもらえないよね。
じゃあ名前を覚えてもらえるほどインパクトのある何かをするか・・・っていうとそんな度胸もないし、他のみんなに迷惑をかけるかもしれないし・・・。
そんな存在。
3回会ってもはじめまして。
定期的に水分補給します。
基本うっぷん常に溜まっていますが、表面的にはモナリザの微笑み級な笑顔。
そしてたまーーーーに、不満爆発して超キレます!!
でもキレたのに怖く見えないみたいで、なんか悩み相談みたいになります。
道歩いていても、人がぶつかってきます。
わたし、ここにいるのに・・・。


illust166_thumb.gif
魅力王国?!からやってきた魅力王子が語りかけます・・・

「ねぇ、風子。
あなたは大切なことに気づいていないんだよ。
あなたは今、欠けているところにばかり目がいっているんだよ。
いやむしろ、あなたが欠けていると勝手に判断しているあなたの特徴にばかり、目がいっているということなんだよ。
その状態で自分を好きになったり、自分に自信が持てるようになるなんてとても難しいことなのさ。」
・・・
風ちゃん気づいていないと思うけど、 今まで会った人、ほとんどぜーーーーーいんから、初対面で、あることをされてないんだよ。


illust67_thumb.gif

「風ちゃんってさ、誰からも・・・嫌われてないでしょ?風ちゃんのことキライな人っていなくない?」
え?  そんなことないと思う。
そんなにわたしって誰からも別に「好きだ」って言われないし、あなたがいてくれなきゃ!って言われたことも無いし、
「誰がキラってる?」
「いや・・・あのその、 ・・・すぐには思いつかないけど…。」
「じゃあいないんじゃん!」
「自分のことキライな人はすぐに思いつくくらい、 相手は態度に出るものだよ。
 誰も風ちゃんのこと嫌っていないのに、 憶測で勝手に誰かしらいるはずだなんて思ってるの、 世界に対して失礼だよ。
 目ー覚ましなよ。
 君は誰からも嫌われず、 不思議とすぐに万人に受けいられるという かけがえのない魅力を持っているんだよ。」


自分の魅力に気が付いた「そよ風子」のその後・・・

・・・あれから私は、思った気持ちを人に伝えることができるようになりました。
思った以上に、周りの大切な人達は、私の気持ちを大切にしてくれました。
信じてよかったんだって思いました。
そして不思議なことに、だんだんと人の気持ちが知りたくなっていったのです。
分かってくれる人がいる。
それなら、分かってあげられる人になりたい。
私を嫌いな人がいないのなら、私がその役割を果たすことで、みんな1人1人の人生に、私という、分かってくれる人が存在することになる。
そう。
私には誰からも嫌われない、万人から受け入れられる魅力がある。
その魅力を活かして、今、私は人を癒す仕事をしています。



illust55_thumb.gif

↑塾長のブログの抜粋です。
全文を知りたい方、また他の魅力の特徴を知りたい方はこちらからどうぞ(^_-)-☆


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。
皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。