喫茶去~きものサロン~ 衿あわせ☆

衿あわせ☆

ようこそ、葵です。

今、わたしがもっともハマっているドラマ:「奇皇后」♪

ドラマの中で、気になったのが「ペガン将軍の衿合わせ」
今まで、韓服も衿合わせは日本と同じなのね・・・と思ってきました。
そして、着物の衿あわせは、衿に挟んだ懐紙などが取り出しやすいためだと納得していました。
同時に、左利きの方は大変だな~とも・・・

なので、元のペガン将軍の衿合わせが気になって気になって・・・
日本・韓国・中国・・・
他の方は気にならないのかしらと検索してみましたら・・・
ヤフー知恵袋に、答えている方がいらっしゃいました!(^^)!

ちなみに日本は昔はどちらでもよかったです。高松塚古墳の壁画は左前です。
702年の大宝律令で、着物は右前にするように決められました。
唐に合わせたようですが、唐は騎馬民族(モンゴル)が左前だったので、それを嫌って右前にしたようです。
騎馬民族は矢を武器にしていたので、放った矢が引っかからないよう、左前だったようです。

韓国ではどっちでもいいのでは?
ちなみに男は刀を抜く都合上、右前が多いです。



あ~、すっきりです(^_-)-☆


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  


いつも心より感謝しております。