喫茶去~きものサロン~ 時空を旅する本のミュージアム

時空を旅する本のミュージアム

ようこそ、葵です。

駒込にある東洋文庫ミュージアムに行ってきました。
建築物としても、大変美しいものでした。

IMGP0802.jpg

三菱財閥3代目の岩崎久弥氏が愛した東洋の書物と小岩井牧場がコラボして生まれた大人のミュージアムです。

中華民国時代に、ロンドンタイムスの特派員として北京に駐在していたモリソン氏が収集した東洋書物を久弥氏が購入したモリソン文庫
天井までの本棚は、本好きな方には憧れの光景ではないでしょうか(^_-)-☆

IMGP0771.jpg

企画展「ア!教科書でみたゾ」が開催されていました。
杉田玄白の「解体新書」
アダムスミスの「国富論」
「御成敗式目」「万葉集」・・・

IMGP0775.jpgIMGP0776.jpg

マルコポーロの「東方見聞録」

IMGP0783.jpg


その他にも国宝・重要文化財・浮世絵などが展示されています。

鳥文斎英之「風俗六芸 十種香」

IMGP0788.jpg


マリーアントワネットの所有していた書物
IMGP0782.jpg

ランチは、小岩井農場直営のオリエント・カフェで「マリーアントワネットのお重」を頂きました。
他には、ザビエルセットやマルコポーロセットなるメニューもありました。

IMGP0796.jpg

このお重は先ほどのマリーアントワネットの書物を元に、樹齢115年という小岩井農場で一番古い杉の木を使用して作られたそうです。

IMGP0797.jpg

もち米の上のサーモンといくらと茹でほうれん草が、仲よく融合していたお重でした。
左上の小岩井農場カマンベールのローストビーフ巻きもそれぞれの食感の違いと強い個性がぴったり合っていました。

IMGP0799.jpg

デザートは、小岩井農場のアイスクリームとチーズケーキでした(*^_^*)
レストランのみの利用もできます。

ミュージアムのレストランという位置づけではなく、レストランもミュージアムという素敵な場所でした。
‘時空の旅人たちが憩う場所’と、紹介されています。
レストランの大きな窓からは、シーボルトゆかりの植物が植えられた「シーボルト・ガルテン(庭園)」を愉しむことができます。

樹齢100年のカラマツでつくられたバーカウンターに、グランドピアノ・・・
ディナータイムは、21:30まで
大人のデートにぴったりです♡

次回の企画展は、11月14日から
「もっと北の国から」北方アジア探険史 が開催されるようです。
ロマンチックな芸術の秋は、いかがですか?

ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが、
応援クリックをお願いします
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村  
励みになります。
ありがとうございました。








コメント

Re: No title

和日和さんへ

旧古河庭園のバラも綺麗ですよね。
ランチも美味しいところがいっぱいあって駒込大好きです♪

Re: No title

おそのさんへ

> 駒込の散策ルートに入れておきます(^^)

駒込は、散策するところいっぱいですよね♪

Re: 行きたいっ!

todoyaさんへ

> 梯子で登って上の本を取る…なんて、夢のようですわ~!
普通の梯子では、届かないほどの本棚でした^_^;

No title

こんにちは!
我が家の近所なので、展示はたまに見に行っていましたが、
レストランは入ったことありませんでした!

こんな面白い企画をやってたんですね~♪
今度、寄ってみます。ありがとうございます!

No title

駒込の散策ルートに入れておきます(^^)

行きたいっ!

こんにちは~私は読書好きというよりも、図書館好きです。
あの何とも言えない本の匂いや圧倒的な存在感がとっても好き。
梯子で登って上の本を取る…なんて、夢のようですわ~!
( ..)φメモメモ♪

コメントの投稿