喫茶去~きものサロン~ 着付けに興味がでてきたら~襦袢~

着付けに興味がでてきたら~襦袢~

ようこそ、葵です。

お着物をいざ着ようと思い立っても、名称も???のことが多いと思います。
わたし自身、質問をしていただいても、上手にお答えできないことも多いので、ウィキペディアなどを参照にまとめてみようと思います。
恐らく諸説あると思いますので、わたしが解釈している範囲とご了承いただけましたら、幸いです。

襦袢は、和服の下着のひとつ。肌襦袢・半襦袢・長襦袢がある


肌襦袢:長襦袢や半襦袢の下に着用する肌着。肌に直接触れるものであるため、晒(さらし)などの綿生地で仕立てられている他にガーゼやちりめんで出来たものも存在する。筒袖で細い衿であるのが一般的。


肌襦袢は、胸を包み込んだり固定するブラジャーと汗取りを目的としていると、わたしは理解しています。
長襦袢が絹である場合は、袖までカバーできる肌襦袢の着用は必須だと思います。
ガーゼ素材は柔らかな肌触りですが、暑がりのわたしは晒のほうが好みです。
長襦袢が洗える素材である場合は、和装ブラジャーとタンクトップで代用ができます。
初心者の方の場合は、和装ブラジャーとタンクトップのほうがすっきりするかもしれません。
肌襦袢はあればご着用されればよいと思います。
お持ちでなくても着物が着れないことはありませんし、すべてを一度に揃えるのは大変でもありますので、肌襦袢の優先順位は最後でも大丈夫でしょう。

長襦袢:肌襦袢と着物の間に着る襦袢。形状は着物に似ている。着用の際には前もって衿ぐり部分に半衿を縫い付けておく。もともと長襦袢は遊女の考案によるもので、遊郭で部屋着に近い使い方をしていたものである。富裕な商人も使用したが、公家や武家で着用されることはなかった。


着物を仕立てる時には、着物に合わせて長襦袢も仕立てなければと思い込んでいたころがありました。
長襦袢のおしゃれこそ、着物上級者なんて甘い言葉に釣られていました。
↑のウィキペディアの説明をみると、部屋着としての着用をしない場合は長襦袢にこだわる必要はないようです。
洗えるシルク素材の長襦袢も仕立てましたが、洗えるといってもシルクの洗濯とアイロン掛けは簡単ではないです(ー_ー)!!
ましてや着用ごとにクリーニングに出さない正絹の長襦袢は、半襟の付け替えをする必要があります。
わたしの現状は、着物にあわせて仕立てた長襦袢があるにも関わらず、手がのびるのはうそつき半襦袢です(-_-;)

半襦袢:長襦袢よりも着丈が短い襦袢。胴部分が晒やフランネルでできているため、洗濯がしやすくなっている。通常、肌襦袢と長襦袢を着用するが、長襦袢の衿になっている半襦袢一枚を代用として、裾除けまたはステテコと共に着用する。同じ生地の裾除けとセットで作られた二部式襦袢様のものは、長襦袢の代用品と言う意味で「うそつき襦袢」と呼ぶことがある。
江戸時代前期は長襦袢ではなくこちらが正式な襦袢と考えられていて、初期の半襦袢は袖の無い白地のもので腰巻と一揃で使われていた。


着物を着る時には、長襦袢がきちんと着られていれば、ほぼ綺麗に着られます。
長襦袢の衣紋を綺麗に抜くためには、練習による慣れが必要です。
衣紋が抜けた時の達成感は、着付け練習の醍醐味でしょう。
しかし、早く簡単に衣紋が抜けるようになりたい方には、衣紋抜きや立体裁断の長襦袢がありますよ(^_-)-☆





皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村