喫茶去~きものサロン~ 自分じゃ~見えないけれど・・・長襦袢の袖口と振り☆

自分じゃ~見えないけれど・・・長襦袢の袖口と振り☆

ようこそ、葵です。

長襦袢は、見えないところなので洗濯のしやすさを優先します!というような記事を以前書きましたが、そんなわたしも長襦袢の袖口&振りは気にします(*^_^*)
袖口とはきものの袖から腕を出すために開いた部分、振りとは袖の後ろ側の袖付けから袖下までの開いた部分を指します。
自分では見えないところではありますが、他の方からは意外と目につくところです。

通常、フォーマル(留袖&喪服)には白。
セミフォーマル(訪問着・付け下げ)にはパステルカラー。
おしゃれ着(小紋&紬)には、自分の好みや趣味により自由にコーディネイトができます。
長襦袢選びこそお着物上級者と呼ばれるのは、主におしゃれ着に合わせて個性的に色合わせができるからでしょう。

ちなみに白は、どのお着物にも合わせることができますし、夏物はほぼ白です。
このような理由で白を一枚お持ちになると、オールマイティーではあります。
しかし、夏物以外で白の長襦袢というのは、どこかおしゃれでないorなにか寂しいと感じる時期が来るかもしれません。
あくまで、わたしの推測ですが・・・

留袖や喪服の為に作る長襦袢でないなら、1枚目の長襦袢としてのお勧めは、パステルカラーです。
どんなお着物の邪魔もしませんし、上品な印象です。
そのうち、お着物を楽しめるようになると、ほんの少ししか見えずとも意外と目立つ長襦袢の色にもこだわりたくなるでしょう。
それぞれお着物に合わせて長襦袢をそれぞれ作るのは、究極の贅沢ですね。

ただ、収納場所や出費をダイエットしたいと思うわたしは、たかはしさんの↓のような替え袖が助かります(^_-)-☆








皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村