喫茶去~きものサロン~ きもの買取体験レポート☆

きもの買取体験レポート☆

ようこそ、「着付けの薄紅葵」着付け師の葵です。

先日は、楽しい♪テーブル茶道納涼懇親会でした(*^_^*)
茶道と着物は、切り離しては考えられない関係です。

13920851_1096287200446206_5325102626622987048_n_20160807193206dfe.jpg

その場でも話題に出た着物の処分について、わたしの体験をご紹介します。

わたしは、断捨離をおもいっきり?できる(バチあたりなby実母)タイプです。
しかし、お着物だけは、捨てられないのです。
↓今年のGWに、処分したい着物関係のものを纏めました。
KIMG2521.jpg

まず電話したのが、スピード買取.jpです。
何を売りたいのか、5着以上あるかを聞かれました。
決め手は、申し込んだらすぐ査定に来てくれるということと、満足価格で買い取りという2点がポイントでした。

査定員は、なかなかの好青年でした。
なにやら役者を目指していた頃があって、着物は自分で着られますというようなことをおっしゃっていました。
買取対象となったのは、証書ありの本塩沢と変わり織りの名古屋帯、仕付けのついた大島アンサンブルと紬2着と小紋でした。
それぞれ、写真を撮って、どこかに送っていました。
ネットワークで買い取り希望のショップがあれば、値段がつくというシステムのようでした。

本塩沢は8,000円(証書がなければ200円と言われました)、変わり織り名古屋帯は1,500円、その他の着物は1着200円だそうです。
何度も「迷っているものはお出しにならないでくださいね。」と確認されました。
緑の花織風紬は、200円ではあまりに悲しいので、それはやめにしました。

その他の未使用のバッグや肌襦袢、1度だけ使用した金鷲印の草履も値段が付かないので持ち帰りも拒否でした。
結局1万円強の価格で買い取っていただきました。
感想は、「証書は取っておかなくては!!」

次に申し込んだのは、宅配着物買取ヤマトクです。
決め手は、なんでも引き取ってもらえるという点です。

ネットで必要事項を入力すると、梱包資材が送られ、着払いの送り状も同封されていました。
誰かのもとで使ってもらえればと覚悟していたので、査定価格300円でもまあ良しとしましょう!と思えました。

結論として、証書があったり作家ものであったりすれば、スピード買取.jpがお勧めで、とにかく家から不用品をなくしたいならヤマトクがいいと思いました。

<教訓>これからは、安易な気持ちで購入せず、不要になった時のことも考えよう!


皆様の応援がなによりの励みです
応援クリックをしていただきますと、ブログランキングに移動します。
  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村